商品サービス詳細

タイトル
器の修理(金継ぎ)
タイトル補足説明
陶器、磁器、ガラス、漆器など、お直しのご相談に応じます
カテゴリ
器の修理
商品サービスの説明
天然漆を使用した伝統的な金継ぎで器をお直しいたします。

仙台市にて漆作家/金継ぎ講師をしています。
NHKカルチャー教室ほかで年間のべ300名以上の方に金継ぎ指導しています。
ウェブサイト https://www.seikicho.com

***

日本では古くから、漆を接着剤として陶器や磁器の修繕に利用してきました。
また、蒔絵(まきえ)の技術を使って、修繕箇所を金や銀で装飾し、
そこに創造性を見出す、独自の美意識を発展させてきました。

日々愛用してきた器、
旅の思い出の品、
大切な人からの贈り物、、、

壊れたからといって捨てる気にはなれません。
でも、壊れたまま使うことも、飾ることも、できません。
そんなとき、金継ぎの技術がお役に立つかもしれません。

漆や小麦粉、砥粉(とのこ)など
自然由来の素材だけで修理する伝統的な金継ぎは
器をお直しした後も、安心してお食事にお使いいただけます。

(*器の素材、用途によっては化学的な接着剤と
漆を併用してのお直しもご提案いたします)

ただし、金継ぎをすれば強度が原状回復をするわけではありません。
電子レンジにかけることとも、食洗機で洗うことも、できなくなります。
 
『もしかしたら買い替えたほうが早いし安いかもしれないけれど、
 取り替えのきかない価値―思い出、思い入れなど―を繕う行為です』

ということをご理解いただく必要があります。 

人体や環境に害がなく、
時間の経過とともに強度を増していく(20年でピークを迎えると言われます)
天然の接着剤による器のお直しは、

ものを直しながら大事に使う・捨てないという、
かけがえのない価値、豊かな生活を、
もたらしてくれることでしょう。
価格についての補足説明
価格は参考です。

ご参考(税込):小さなほつれ(5mm程度までの欠け)1箇所
漆仕上げ 3300円〜
錫仕上げ 3410円〜
銀仕上げ 3850円〜
金仕上げ 4400円〜

器の破損状況、破損の大きさ、使用する金属粉の種類、量に応じてお値段が変わります
購入にあたってのお願い
*お問合せの際、お直ししたい器のサイズ(縦、横、径、高さなど)や破損の大きさをお知らせください
*送っていただく画像にて仮のお見積りをさせていただきますが、画像には映りにくい細微な破損がある場合がございます。
お預かりして実際に器を確認するまで、最終的なお見積りをすることができませんのでご了承ください。
画像
納期
発送まで1ヶ月以上
配送料
購入者負担